2008年09月20日

日本の農政、、、

00830028.jpg
↑電車から見た夕焼けの東京湾岸。。


第二次世界大戦後の63年間、日本の農業政策は『失敗の連続』だと言う人が多い。。。もちろん、中には良い事もあったのだろうが、、、しかし。

***過去二年間の農水大臣の一覧***
  氏名   就任年月日
1.松岡利勝 2006年9月26日
2.若林正俊 2007年5月28日臨時代理
3.赤城徳彦 2007年6月1日
4.若林正俊 2007年8月1日環境大臣兼任
5.遠藤武彦 2007年8月27日
6.甘利 明 2007年9月3日臨時代理
7.若林正俊 2007年9月4日
8.太田誠一 2008年8月2日
9.町村信孝 2008年9月19日臨時代理
*若林さんは、臨時代理と兼任で3回も!

こういった農水大臣のバタバタは、、
『猫の目農政に苦しんだ人々の呪い』では、と思ってしまう。。

1973年のオイルショック&世界的な食料危機の後、
欧州各国は食料自給率を高める事を第一として、実際に改善して来た。

でも、日本の自給率は、、、とほほ。

偉そうに言える立場でもなんでもないけど、、
安全な、美味しいものを食べたいなあ。。

posted by ロム at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題。